産後ダイエット 授乳中

MENU

授乳中には無理しないダイエットを!

「授乳していれば自然にやせる」
こう聞いていたけれど全く痩せる気配がない!
「どうして痩せられないのーー?」

 

授乳中はどうしてもお腹が空きます。
ついつい「ながら食べ」をしてしまうもの。
ちょっとだけとお菓子をつまみ食い。
食事は後でゆっくり・・・取り敢えず今の空腹をお菓子で補ってしまう。
授乳中にママにありがちなことですね!

 

授乳中の人は授乳中でない人よりも、450〜600kcal多くエネルギーが必要です(「日本人の栄養所要量」より)
授乳中は通常よりもカロリーが必要な時期。
でも太ってしまうということは食べ過ぎということになりますね。
また産後は慣れない子育てで忙しく運動不足になりがちなのも太る原因です。

 

「そんなの分かってる!!でも痩せられないのよーーー」
私もそう思う一人でした。

 

でもここで無理なダイエットをしてはいけません。
母乳が出なくなったり母乳の質に影響が出てしまうからです。
母乳育児ママにとって母乳が出なくなるのは一大事!
カワイイ赤ちゃんに寂しい思いをさせないよう過激な産後ダイエットはしないようにしましょう。

 

授乳中には無理しないダイエットが一番です。
ただでさえ産後の体はデリケートになっています。
無理のないダイエットで後悔しないダイエットを目指しましょう!

食事を見直す。過激な食事制限をしなくても大丈夫

まずダイエットと言えば「食事」を思い浮かべる人が多いはず!
母乳に良い食事は昔ながらの和食が一番です。
動物性脂肪が少なく乳腺を詰まらせるトラブルも少ない食事です。
カロリーが低くダイエット効果もあります。

 

また1回の食事で量を食べるのではなく、
1日の食事を4〜5回に分けることもおすすめ。
1回の食事量は少なくなりますが、食事回数が増えるので結果として満足感があります。

授乳中の激しい運動はダメ!

授乳中の運動は母乳に影響が出ないゆるやかな運動が適しています。

ウォーキング

ベビーカーで外を歩くのもいいですが、抱っこ紐で赤ちゃんを連れ出して歩いてみましょう。
カロリー消費が増えるのでダイエット効果が上がります。
ウォーキングは全身を使う有酸素運動。
体に負担をかけずに筋力アップ。基礎代謝を上げる運動で痩せやすい体を作ることができます。

 

ストレッチやヨガ

ウォーキングは天気が悪い日には中止することもあるでしょう。
室内でできるストレッチやヨガならば毎日できます。
やり方さえつかめれば赤ちゃんが寝ている隣でサッとやることもできます。
赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをしたりと赤ちゃんと触れ合いながらダイエットをすることもできます。
ダイエットは続けられることが大事。
続けられるものを選ぶのがコツですよ。

 

授乳中は母乳の出が気になりますので、胸まわりの血流をアップしたいですよね。
私の母乳の出が良くなったエクササイズ(トップへリンク)は自宅で1日2分でできます。

産後ダイエットはいつから始めるべき?

産後ダイエットはすぐにでも始めたいと思う人も多いはず。
でも産後1カ月はゆっくりと過ごしましょう。
1カ月健診で体の回復に問題がなければ始めるとよいでしょう。

 

また産後ダイエットは産後6カ月までに行うと良いとされています。
通常の脂肪と違って妊娠中の脂肪はは流動性。
水分が多くて燃焼しやすいのでダイエットで落としやすいのです。

 

産後の体調には個人差がありますので無理のない範囲で産後ダイエットを始めたいですね。

 

1日2分の無理のないダイエットのヒミツ