産後 腰痛

MENU

産後の辛い腰痛

産後の腰痛、辛いですよねーー。
実は出産経験者の20%が経験する辛い症状だそうです。
私は妊娠中に体重が増えすぎてしまって出産前から腰痛になってしまいました(^-^;

 

出産すれば痛みが終わるかと思った安心していたのですが(笑)
産後も腰痛には悩まされ続けました。
辛ーーい腰痛。
産後の腰痛の原因と対策について調べてみました。

 

産後の腰痛の原因とは?

骨盤のゆがみ

産後は骨盤がゆるみやすく、骨盤がガタガタな状態にあります。
産後の骨盤は3〜4ヶ月かけて少しずつ元の位置に戻ります。
しかし妊娠中や産後の過ごし方によっては正しい位置に戻ることができません。きちんと戻らないと骨盤のゆがみにつながり、腰痛の原因になるのです。

 

ママの筋力低下

妊娠中のママはお腹の赤ちゃんを気にして運動不足になりがちです。
私も必要以上にお腹を気にしてしまって、あまり体を動かしていませんでした((+_+))
出産後は妊娠する前よりも筋力が低下しているのです。
腰を支える腹筋や背筋の筋力が低下しているので腰痛につながりやすいのです。

 

育児

育児は赤ちゃんを抱っこ、おんぶ、授乳など不自然な姿勢を取ることが多いです。
そして赤ちゃんの世話をする時は、ついつい前屈みの姿勢になりがち。
赤ちゃんの体重を支えたり、前屈みの姿勢は腰に大きな負担をかけています。
毎日の動作の連続で腰に疲労が蓄積。
やがて腰痛という痛みが出てくるのです。

 

産後太り

ママの産後太りも腰痛の大きな原因になります。
太るということは体重を支える足腰に負担がかかるということ。
妊娠中から筋肉が低下している場合には腰痛も出やすくなります。

 

産後の腰痛の改善方法は?

骨盤ベルトを使う

今や常識になりつつある骨盤ベルト。
開いた骨盤を正しい位置に戻すために腰の低い位置にベルトを巻きます。
骨盤ベルトはフィット感とベルトを巻く位置が大事。
できれば助産師さんなどにアドバイスをもらったほうがいいでしょう。

 

ストレッチをする

産後のママは大忙しですが軽いストレッチなら時間が取れるのではないでしょうか?
腰痛に良いといわれているのはヨガの猫のポーズ。

 

【やり方】

  1. ひざを立てて四つん這いの姿勢になります。
  2. 息を大きく吸い込みます。
  3. 息を吐きながら、おへそを見るようなイメージで背中を丸めます。
  4. 息を吸い込みながら、今度は背中を反らせます。
  5. もとの姿勢に戻ります。

これを5回1セットを目安にやります。
ポイントはゆっくりとやることです。

 

エクササイズをやったことがない人にはポーズの取り方は難しいですね。
私は講師の先生の動き動画で見ながら「1日2分でできるエクササイズ」で腰痛対策をしています。

 

1日2分の無理のないダイエットのヒミツ

 

授乳クッションを使う

授乳時には赤ちゃんを持ち上げて授乳をするのは腰痛の原因に!
授乳クッションを使えば、赤ちゃんの位置が高くなりますよ。

 

前屈みにならなくて楽な姿勢のまま授乳できます。
またママの前屈み防止のためにも授乳クッションは必需品です。
1つ持っているとママのお昼寝の枕にもなり、使い方は色々(笑)

 

体を温めてリラックスをする

授乳中のママは1日に何度もお洋服をめくって肌を出します。
冷やしているつもりはなくても肌が外気に触れてしまいます。
特に夏場はクーラーのきいた部屋で授乳をするので体を冷やしがち。
冷えは腰痛の痛みを増します!
常に体を冷やさないことを意識しましょう。

 

産後のママは忙しいですがシャワーより湯船に浸かる習慣を持ちましょう。
慢性的な痛みは体を温めると痛みがやわらぎます。

 

整体・マッサージに行く

最後はプロの手に任せるという方法です。
自分でいくら頑張っても改善しない場合もあります。
そういうときは思い切ってプロに任せましょう!

 

今は産前産後の骨盤調整を専門にしている整体・マッサージもあります。
こういうところは赤ちゃん連れOKなところが多いです。
気兼ねなく施術を受けて産後の腰痛を改善しましょう!